*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
難しい問題^^;
今日もとってもいいお天気ですね

最近は穏やかな毎日を過ごせていて本当に感謝です
ムックが毎日元気で食欲いっぱいでいてくれることが本当に嬉しいです

ところで、前に専門の獣医さんに話を聞きにいったという話を
アップしたのですが、やはりそちらに転院する事に決めました

こうして近くにそのような方がいらしたのも何かの縁なのかな~と思ったりして…


ただ、悩んでしまったのはこの事をお世話になった病院にどのように伝えたらいいのかという事です。

もちろん、普通にありのまま伝えれば良いんだと思うんですが…


実は、一番最初に診察してもらったいつものかかりつけの病院に
アジソン病だった事、これから他の病院で治療を受ける事をとりあえず電話で告げた時に
逃げるように電話を切られてしまったんですね。
(私の印象なんですけどね

それが私的には結構ショックだったんです。とても信頼をしていた方だったので…


パパとは、誤診を責められると思ったのではと話していたのですが

別に私達は前のかかりつけの先生を責めるつもりなんて全くないんです。
本当にこちらの先生にはすごくすごくお世話になりました。
私との相性が合ったのかもしれませんがとにかく沢山お話をして下さって些細な質問にも答えてくれました。

小さい頃のムックの偏食も治ったし、目やにも出なくなりました。
困った時にはいつでも電話で親身になって話を聞いてくれて
いつでもいいから電話して下さいねと言って本当に助けて頂いたんです。
それに今回の病気は本当に見つけくい病気だし
頭数が少ない個人病院だったらなおさら見つけにくいと思います。

そういう訳で全く責めるなんて気持ちは本当にないんです。

が、そのようにお話しする間もなく
あのように電話を切られたのはちょっとショックだったんですが・・・


でも、逆の立場から考えてみれば、誤診と責められるんじゃないかとか
先生、と呼ばれてずっと生きてこられた方のプライドもあるだろうし
勝手に他の病院へ行かれて検査して、自分は信頼されてないんだと思っただろうし
後から間違いを電話で患者から直接指摘されたように感じたら
どう話をしていいか分からなくなったり、やっぱり少しは傷ついたりするのかもしれないなって思いました。
先生だって人間ですものね。
実際どう思ったのかなんて分からないので全て私の勝手な推測にしか過ぎないんですけどね
何も思わなかったのかもしれないし・・・


そういう事を考えたりすると、もしかしたら何も言わずにそのままにしといた方が
良かったのかな~って後から考えると思いました。


私達的には先生が心配するかもしれないし、今までのお礼も伝えたかったからお話ししたのですが
それはただ単に自分がすっきりしたい、そのままいなくなるなんて無礼な事はしたくないという
ただの自分の勝手な考えだったのかな、とも思います。



ま、過ぎてしまった事は仕方ないのですがこういう事があったので、今回また転院をするにあたって
アジソンを見つけてくれた病院に伝えるべきかそうでないか、すごく悩んでしまいましたたらーっ(汗)

セカンドオピニオンの先生がどうとかっていうのは全くないんです。
先生たちは皆一生懸命やって下さいましたし
一番最初からアジソンを疑い、見つけて下さって本当に本当に感謝の言葉しかありません。
ですが、相手の方は私の心の中を覗けないから
もう行かない=信用してないととられても仕方ないんですよね…


でも、やっぱりムックにとって何が一番いいのかを考えると
もちろん後になってみてどうなのかは分からないんですが
私達夫婦が出した答えは専門の先生がいる病院なんですよね


そのままいなくなる傷つけない嘘をつく正直に全てを話す


色々と考えた結果、アジソンに関してはそちらの病院へ行くけれど
他の件に関してはまたセカンドの病院にもお世話になりたかったので
やはりちゃんとお話しする事に決めました。自分の勝手な思いだけど感謝の意も伝えたかったし・・・


電話をすると一度も私を担当した事のない獣医さんが出ましたので
その方に転院させて頂く事と先生への感謝の意を伝えると快く了承してくれて
この病気は薬がないと致命的なのでまず薬は今あるのかどうか
あとは、検査結果など必要な資料があれば出しますので
と言ってくれてちょっと安心しました


全然気にしない人もいればする人もいるだろうし、それを表に出す人も内に秘めておく人もいるだろうし
こういう事に限らずなんでもそうなんですけど、やっぱり人間関係って難しいなぁ~って改めて思いました
人それぞれ考えている事が違うので当たり前なんですけどね


でもまぁ、色々あってやっぱり思う事はムックは本当に色々な方に助け支えられ
今生きる事が出来ているという事です
前のかかりつけの先生にも、旅行先の高山の動物病院の先生にも
セカンドオピニオン、サードオピニオンの先生
にも
そして、これからお世話になる先生にも本当に感謝しなくてはいけませんね






スポンサーサイト

テーマ : トイ・プードル
ジャンル : ペット

FC2カウンター
プロフィール

まさこ

Author:まさこ
2009年8月からトイプードルのムックと
2人暮らしをはじめました♪

ムック
アプリコットのトイプードル
2005年4月21日生まれの男の子♪
2008年11月にアジソン病を発症しましたが元気に楽しく暮らしています。

最新記事
最新コメント
モバイルブログ
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。