*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
病気の前兆
今日はムック、また震えが出てしまいました。

昨日トリミングだったから、仕方ないですね。こういうのは当日よりも翌日に出る事が多いらしいです。

トリミング後に具合が悪くなるかもしれない事は予想されていたので
もしそうなったら薬を追加するか注射をするので電話を下さいと言われ
病院に電話をしたら薬を追加で夕方まで様子を見る事になりました。
その時にまだ治っていなかったら病院に連れてくるようにと・・・

今のところまだ治まらないんですよね。早く治まってくれるといいのですが・・・


さてさて、今日はムックがアジソン病と診断されるまでのムックの体の変化を書いてみたいと思います。
今になって思う事、なのですがもしかしたら少しずつ
副腎の機能が低下していたのかもしれないなと感じる事があったので・・・


8月下旬 あごの下に出来ものを発見する。
    
9月初旬 あごのしたの出来ものを切るがその後1週間後で再発。
     
9月下旬 嘔吐をする。
    でもこの時は2度ほど吐いて、消化しきれていないおやつが出てきてそれですぐに元気になる。
    3歳になる前ぐらいからたまにこういう事があったので
    消化不良だろうという事で特に気にしていませんでした。

    でもその後すぐに今度はお腹がゴロゴロ言いだし食欲不振。
    すぐに絶食させる。下痢をする前に病院へ連れて行き薬を処方される。
    
    この時に出来ものの事も気になっていたので聞いてみるが
    膿胞と言う事で放っておいても問題がないと言われる。


   
10月中旬 ちょっとお腹が緩くなり食欲不振になるが
     その後すぐ治ったので気にしていませんでした。


10月26日 ママと二人だけでお出かけする
     歩いている時に尻尾を下げお尻をかがめて歩くようになる。
     何かに脅えているのだろうと思っていました。
     でも、帰りにお尻に小さな葉っぱが付いていて
     もしかして神経質なムックはこれが気になっているの?
     と思って取ってあげたら治ったので、これが原因だと思っていたのですが
     その後数メートル歩いてすぐにバッグに入れてバスに乗ってしまったので
     多分葉っぱのせいではなかったのだと思います。


10月27日 トリミング教室
     この日の夜から食欲がなくなる。
     が全くないのではなくて、好きなものだけを食べるという感じ。 
     今まではほとんど好き嫌いをすることなんてなかったのに…
     夜寝る前急にテンションが高くなる。


10月28~30日 その後もより好みが続き
       散歩の時もお尻をかがめて歩くので心配になって病院へ。
       腰を少し痛めているのではないか?
       と言われてリマダイルとコンドロイチンを処方される。
       レントゲンは痛みが治まってからと。
       なんとなく元気がないと感じる事、食べものの好き嫌いは
       腰の痛みとトリミング教室のトラウマでは?と言われる。
       肛門腺も絞ってもらう。その後お尻に傷を発見!
       薬を塗って少し歩き方も良くなったような気がしたのですが・・・

    
10月31日   高山へ向かう<

11月1日   夜に吐きが始まる。
      最初、消化不良のおやつを吐きだしたので
      それが原因かと思うが、その後も吐き続ける。夜中に震えが出る。


11月2日   数時間おきに吐き続けるので
      病院へ吐き気止めと皮下点滴を打ってもらい吐き気、震えともになくなる。
      帰る事も検討したがかかりつけ獣医に
      ゆっくり休んで翌日の方がいいと言われ指示に従う。

         
11月3日  かえってかかりつけの病院へ
     旅行の疲れからの吐きだろうという事で特に処置はなし。
     相変わらず元気食欲が乏しいのはトリミング教室の精神的トラウマだと言われる。


11月6日  調子が良くならないので血液検査。
     悪い結果が出る。
     胆管炎から肝臓が炎症を起こしているのと腰の痛みがあるのではないかとの事。


11月7日  何か違う気がしてセカンドオピニオン受診。
     アジソンの疑い。


11月8日  数値が低いがアジソンとの確定はでない。

11月11日 ACTH刺激試験。

11月12日 アジソン病確定

と、今までのブログを要約した感じですが・・・こういう経緯を辿りました。

9月10月の体調不良が直接関係あるかは分かりませんが
何か体調不良の感じが少しいつもと違うというか軽いような気がしました。
ムックは胃炎腸炎になるとすぐに悪化するタイプなので・・・
ただ単に強くなったのかもしれませんが。

これもまた関係ないかもしれませんが9月に入ったぐらいから
バルコニーに出してもあまり走らなくなりました。


アジソンが免疫不全で自分で自分の副腎を攻撃して萎縮しているのだとしたら
出来ものも免疫異常で出来たとも、考えられるのかな~?なんて・・・

少しずつ副腎が委縮し、少しずつホルモンも出なくなっていったのかな~なんて・・・
全て、今思えば・・・って話ですし素人の推測に過ぎないんですけどね。


その間のムックの様子と言えば
顔つき的には私が見ても獣医さんや他の方が見ても
みんなそんなに悪そうな顔をしていないよね。って言っていました。

なんとなく元気がない、良く眠る、偏食、お尻をかがめてあるく。
そのぐらいです。


パパも6日に血液検査へ行く朝まで病気だなんてこれっぽっちも疑っていませんでした。

著しく具合が悪そうだったのは高山で吐き続けたあの時ぐらいでした。


このように見つけにくい病気ってアジソンもそうなんですが、他にも色々とあると思います。

例えば肝臓とか腎臓はかなり病気が進行しないと
人間でもそうだと思いますが自覚症状などが出てきませんし・・・

なのでやはり定期的な検査はしておいた方がいいかもしれませんよね。

前にもブログに書きましたが
やはり吐いたら吐き気止め、下痢したら下痢止め、という対症療法では
きっとその場では症状が治まってしまうので
重大な病気が隠れていても発見が遅くなってしまう可能性があります。

致命的なものでも見つかるのが早ければ助かる場合もあるかもしれません。

自己判断や、犬をずっと飼っていたから詳しいという
ご近所さんのアドバイスも鵜呑みにするのは危険な可能性があると思います。
やっぱり素人は素人で、獣医さんは獣医さんなりの勉強というものを
私たちもよりもずっとずっとしていると思います。
中にはもちろん勉強されてなくて情報が古い方もいると思うし
お金もうけ主義だけの方もいらっしゃると思うので
こちら側もある程度の知識を持っておく事も大事かもしれませんけどね。

かといってネットには情報が氾濫しているので
正しい情報を収集できるのかどうかというところも
また難しかったりすると思うのですが・・・


そういうのも、あくまでも飼い主さん次第で
いちいちそんなに心配しても・・・とか、かけられるお金の問題もあるでしょう。
なるべく薬など使わずに、病気になっても自然なままでと考える方もいるでしょう。
健康に悪いものでも好きなものを好きなだけ食べさしてあげた方が
幸せだって、思う方もいるでしょう。

それはその方の考えで私がどうこう言う問題でもないし、どれが間違いだという事もないと思うので
それはそれでOKなんだと思いますけどね。

それにしても、やはりワンコはお話が出来ないから
生命にかかわる重要事項もこちらで全て判断しなければならないし
当たり前の事なのですが飼い主の責任というのは重大ですね。



追記

11/4~ぐらいの症状で家でが出来なくなる
多飲多尿になる、などもありました。

もちろんこういう症状も下痢、嘔吐なども色々な病気の症状としてあらわれてくるので
全てがアジソンという訳ではないのですが、参考になれば、と思います。







スポンサーサイト

テーマ : トイ・プードル
ジャンル : ペット

FC2カウンター
プロフィール

まさこ

Author:まさこ
2009年8月からトイプードルのムックと
2人暮らしをはじめました♪

ムック
アプリコットのトイプードル
2005年4月21日生まれの男の子♪
2008年11月にアジソン病を発症しましたが元気に楽しく暮らしています。

最新記事
最新コメント
モバイルブログ
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。