*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
血液検査の結果(過去の記事)
皆様、ご心配をお掛けしましてすみません。

今日もムックは元気ですのでご安心くださいね。午前中に病院へ行って来てまた点滴を受けました。
数値はまだまだ正常値には戻らないのですがすぐにとは行かないことも分かってますので
気長に頑張ろうと思います!

皆さんからはご心配を頂き、メールなどを下さったりしてありがとうございます。
お一人お一人にすべての経過をお話しできない事もありますし、私の記録にもなりますので
大まかにはなるかもしれませんが少しずつ経過をアップさせて頂きますので宜しければご覧下さいね。




午前中に病院に行って血液検査をお願いしました。
血をとってもらっていている最中、私は何か違和感を感じました。

あんなに、トラウマではと言っていた先生の顔つきも険しくなって行ってました。

血の状態が良くなかったんです。
私が違和感を感じたのも素人目にもそれがよく分かったからです。
血がどす黒かったんですね。しかもなかなか取れない…3回も採血…


「これは、肝臓か腎臓かもしれませんね…」と、先生…

急ぎでやってもらったのですがなかなか血が良くないこともあって
結果が出にくいみたいで結局その時は家に帰り結果が出たら電話をして頂く事になりました。

そして数時間後に先生からの電話…


「結果が出ました、これはちょっと良くない数字が出てしまいました。
肝臓の可能性があります。処置をするので午後の診療時間にまた病院へ来て下さい。」
と…


パパにすぐにメールするとちょっと早めに帰ってきてくれて
病院の診察開始時間より少し前に病院へ到着して説明を受けました。

結果BUN(尿素窒素)の値が少しだけ高く
でも腎臓の異常を示すCRE(クレアチニン)の数値は正常なので腎臓に問題はないだろう。
でも体のどこかで炎症を起こしている数値が上がっていて
ALPという胆管や肝臓などの異常を示す数値も上がっている。

現段階でははっきりとした事は言えないけれど
十二指腸から胆管に細菌が上がり腫れてしまって
胆汁が出にくくなって胆汁がドロドロになる胆泥症の可能性がある。
そして肝臓にも影響を及ぼしているかも?
と言われる。

また、腰の痛みもあるかもしれないと言われて
この日は強肝剤と痛み止めの注射を打ってもらって帰宅。
レントゲンは腰の痛みが引いてからという事でまた後日という事になり
コンドロイチンや、痛み止め、他に胆汁を出す利胆剤に強肝剤、抗生物質をもらって帰りました。


その後パパと話し合いましたが、肝臓、胆管の問題はあるかもしれないけど、腰はどうなのかね?と…
翌日セカンドオピニオンをお願いする事にしました。



11/7 セカンドオピニオン受診

いざセカンドオピニオンと言っても…この病院へ行ったらいいか分からず…
以前に小麦ちゃんと一緒に行った腫瘍専門医の先生がいる横浜の病院で
我が家近くにもいい病院があるからと教えてもらった病院へ行ってみる。

症状と血液検査の結果を見て頂くと…

「これは肝臓ではなく、腎臓かもしれません。でも、この数値はちょっと見るのが難しいですね。
元気と、少しでも食欲があるというのなら大丈夫かもしれませんが…」


と言われたのですが心配だったので
こちらの病院でさらに詳しい血液検査とレントゲン、エコーなどを撮ってもらう事に。


1時間ぐらいかけて検査をしてもらって結果が出ました。
腰を強く押しても全く痛がらないこと、レントゲンなどからも腰の痛みはないのではないか?との事。
ただ、腰の痛みはレントゲンに写るほどになったら相当なので
調べたいのだったらMRIとかCTを撮らないと分からないが多分そんなに痛みはないと思われる、と。

肝臓、胆管の数値にも異常はなかったのですがBUN(尿素窒素)前日よりはるかに上がっている…
でもクレアチニンは正常値
脱水を示す数値もかなり上がっていてPCVは69%でした。
正常値は37~55%ぐらいだそうで本来なら体の中の水分が50~60%ぐらいなくてはいけないのに
ムックの場合は30%ぐらいしかない。
体の中の血液が70%にまで増えてしまっていたんです。
だからドロドロ血になっていた訳です。電解質の数値もめちゃくちゃ…
特にカリウムは7.2と非常に危険な状態でした。
7.5ぐらいになると本当にやばくて、でも7以上でもかなり危険みたいなんです。
電解質異常が起こっているという事はやはり腎臓がおかしいのでしょうか?



「この数値はかなり難しいです。腎不全などだったらクレアチニンの数値も上がるはずなんですが…
上がっていないし…ただ、この数値が当てはまるので考えられる病気があるんです。
アジソン症候群って聞いた事はありますか?



前日血液検査の結果が出る前にネットなどでより詳しく腎臓、肝臓の病気などを調べました。
なのである程度の病気の事は頭に入っていたつもりだったんですが
アジソン病…まさかその名前が出てくるとは全く考えもせず…

でも、この病気の事は知っていたんです。
なぜなら、昨年、知り合いのおうちのムックと同じぐらいの大きさ年齢の男の子のトイプードルが
この病気にかかってしまってその時に調べたんですね。

副腎の病気、この病気の発生は極めて稀で日本では症例も少ないらしい事
発症するのは女の子が多い事、そして、この病気になると治る事はなく一生の投薬を続けなくてはならない…

という事を知っていたのでちょっとその名前が出てきたときには愕然としました。


その場で先生にさらに詳しい説明を聞きました。
副腎からは色々なホルモンが出ていて体の機能を調整している。
アジソン病は副腎の機能が低下しホルモンが出なくなってしまう病気なんですね。
検査はコルチゾールホルモンと言うのが出ているのかどうかを血液で調べます。
検査センターで調べてもらうので結果が分かるまでに少し時間がかかるのですが
脱水、電解質異常が危険な状態なので静脈点滴をする事になりました。
アジソンの疑いがあるのでステロイドの投与(糖質コルチコイド)の注射もしてもらう事になりました。

午前中病院へ行ったのですがまた18時過ぎに病院へ来るようにと言われたのですが
ムックがいない静かな部屋に一人帰るのが嫌で
15時半ぐらいまで一人、ぶらぶらと歩いて気を紛らわしました。


17時頃パパが帰って来て今日の検査を説明。
アジソン病は信じられないみたい…そして昨日とは全然違う結果にも疑問が…
という事でもう一つのどこかの病院に検査結果だけ持って行ってどう判断するか
時間もあったので行ってみることにしました。


ご心配をお掛けしてますので一刻も早く現在までの様子をお伝えしたいんですが
長くなりましたのでまた夕方か夜にでもアップさせて頂きますね。






スポンサーサイト

テーマ : トイ・プードル
ジャンル : ペット

FC2カウンター
プロフィール

まさこ

Author:まさこ
2009年8月からトイプードルのムックと
2人暮らしをはじめました♪

ムック
アプリコットのトイプードル
2005年4月21日生まれの男の子♪
2008年11月にアジソン病を発症しましたが元気に楽しく暮らしています。

最新記事
最新コメント
モバイルブログ
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。